メニュー

様々な葬り方があります

合掌

事前の話合いが大事です

一昔前なら比較的規模の大きい葬儀が一般的でしたが、現在では価値観の変容に伴って葬儀のあり方も様々な形をとるようになってきています。その中でも代表的なものが近年増えている家族葬と呼ばれるもので、残された遺族に金銭や時間の面で負担を掛けたくないという方に選ばれています。この家族葬であれば参列者はごく近しい人だけになりますし、最後の大切な時間をゆっくりと故人と過ごすことができます。また葬儀の後にどのような弔い方をするかも近頃では色々な選択肢があり、あえてお墓を残さずに納骨堂や自然葬を利用する場合もだんだんと増加しています。いずれにせよ本人の希望を大事にすることが一番ですから、折を見てご家族で落ち着いて話合いをされたほうが良いかと思います。実は先ほど挙げた葬儀方法でも、それぞれの葬儀会社やお寺などによって細かい相違点があるケースが多く、費用の差があるのです。もし関心があるようでしたら一度インターネットなどを利用して、どのようなプランがあるのか調べてみてはいかがでしょうか。そしてある程度理想の葬儀のあり方が固まったら、事前に葬儀会社などに相談してみるとよりしっかりとしたイメージができるはずです。それから最初の会社が良さそうならば問題ありませんが、何か気になる点があるのなら複数の会社をあたってみても悪くありません。どちらにしてもデリケートな事柄ですから、無理をせずに冷静に考えて行動して最良の選択ができるようにして下さい。

Copyright© 2018 終活で葬式の事前準備【安心してエンディングを迎える】 All Rights Reserved.