メニュー

参列者が知りたいこと

合掌する人

参列のマナー

参列者としてお葬式に招待された際は、まず喪服を用意します。お葬式は厳粛な席ですから、光沢のあるスーツやワンピースは着用しません。また一般的にアクセサリーも厳禁ですので、結婚指輪以外のものは外すようにしましょう。女性の場合真珠のネックレスを付けることはできますが、縁起を考えて必ず一連のものを選択します。二連の場合は不幸が重なることをイメージさせますから、避けると良いでしょう。またメイクもできるだけナチュラルなものを心がけます。日常的にしっかりとしたアイメイクをしている人は避けるようにして、髪もシンプルにまとめましょう。平野区で雨季や寒い時期にお葬式に出席する場合、コートや傘も地味なものを用意することが大切です。また平野区でお葬式の準備をする際に欠かせないのは香典です。香典の金額は故人と出席する人の関係性や足を運ぶ時間帯によって変化します。会食を食べる場合は必然的に額が上がりますので、一万円から五万円を視野に入れて考えましょう。また香典は香典袋に入れて渡しますが、平野区で故人の宗派に応じた袋を購入しましょう。例えばキリスト教式と仏式ではデザインが全く異なります。香典を包む袱紗はお葬式では暗い色のものを選びます。赤色は慶事を連想させるので避け、グレーやパープルを選択するのが一般的です。平野区で実際のお葬式会場についた後は、まず受付で香典を提出しましょう。その後、一般参列者が座る席に着席してお葬式が始まるのを待ちます。

Copyright© 2018 終活で葬式の事前準備【安心してエンディングを迎える】 All Rights Reserved.